Go to Contents Go to Navigation
ニュースランキング
写真ランキング
映像ランキング
輸出と投資の不振続く 韓国政府が経済動向報告書で見通し(10月18日)

輸出と投資の不振続く 韓国政府が経済動向報告書で見通し(10月18日)

輸出と投資の不振続く 韓国政府が経済動向報告書で見通し(10月18日)

≪「米中交渉の不確実性なお存在」≫

 韓国政府はこのほど公表した経済動向報告書(グリーンブック)10月号で、最近の韓国経済について、生産は増加傾向を維持しているが、輸出と投資の不振の流れは続いているとした上で、米中貿易摩擦では第1段階の合意に至ったものの、今後の不確実性はなお存在しているとの見方を示した。

 政府が経済動向報告書で「不振」という表現を用いるのは4月号から7カ月連続で、2005年3月に同報告書の作成を開始して以来、最も長い。

 ただ、「不振」の範囲は4月号と5月号が「鉱工業生産、設備投資、輸出」だったのに対し、6月号以降は「輸出、投資」に範囲が狭まった。

 (2019年10月18日、聯合ニュース)

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。