Go to Contents Go to Navigation

先端戦闘ロボット?2020年の韓国軍兵士像

記事一覧 2007.05.22 16:28

先端戦闘ロボット?2020年の韓国軍兵士像

【ソウル22日聯合】国軍機務司令部が22日に空軍会館で開催した国防情報保護カンファレンスで、未来の韓国軍兵士の青写真が提示され注目を集めた。

 韓国情報保護学会の主題発表や国防科学研究所、韓国電子通信研究院などが同日に発表した資料によると、未来の韓国軍兵士は戦闘ロボット水準の最先端装置を備える。ヘルメットは、バーチャルリアリティ(仮想現実)を見せるディスプレー機能と、ビデオカメラ、ヘッドホン、マイクなどが装着され、録音や撮影が可能になる。

 個人装備用の小火器には20ミリメートル空中爆発弾、レーザー距離測定器、レーザー標的指示器、ミニミサイル、ビデオカメラが付いており、昼夜を問わず目標に狙いを合わせられる照準器も備える。

 光の具合によって色が変わるカメレオンを思わせる偽装戦闘服は、化学兵器・生物兵器・放射能、地雷などを感知できる。また「着るパソコン」と呼ばれるコンピュータも装着され、音声通信と敵味方の区別、個人位置航法システムなどの機能が利用できる。敵陣がひと目で把握できる電子地図や戦術通信端末機なども必須装置となる見込みだ。

 これらの最先端装備について、軍は2020年には使えるようになるとしている。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。