Go to Contents Go to Navigation

「包容政策でも要求すべきことは要求」盧大統領

記事一覧 2007.05.31 21:30

「包容政策でも要求すべきことは要求」盧大統領

【ソウル31日聯合】盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は31日、AP通信との会見で「北朝鮮に対し包容政策を行っているが、北朝鮮に要求すべきことは要求する必要がある」との考えを明らかにした。韓国は太陽政策を取るとはいえ、北朝鮮のミサイル発射や核実験に異議を唱えたり、武器開発をやめるよう要求することまで放棄することはないと述べた。

 南北首脳会談の理想的な開催時期について問われると、「わたしの任期に関係なく話すとすれば、首脳会談は6カ国協議の結果をより強固にし進展させるのに必要なものであるため、そこに適切な時点があると考える」と答えた。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。