Go to Contents Go to Navigation

京義線鉄道の加佐駅で地盤沈下、列車運行を中断

記事一覧 2007.06.04 08:41

京義線鉄道の加佐駅で地盤沈下、列車運行を中断

【ソウル3日聯合】3日午後5時15分ごろ、ソウル・西大門区の京義線鉄道加佐駅付近の地下駅舎工事現場で地盤沈下が起こり、ソウル駅から水色駅までの列車運行が上り下り両線とも中断された。

 警察とコレール(旧韓国鉄道公社)によると、事故現場では京義線の複線電鉄化工事と加佐駅の地下駅舎の新築工事が進んでいたが、長さ50メートル、幅30メートルの範囲で地下35メートルの深さまで地盤が沈下し、地上には線路だけ残った状態となった。加佐駅から水色駅までの300メートルでは店舗など一部の建物が若干傾き崩壊する危険もあり、38店舗が閉店し20人余りが非難した。現場にいた作業員は地盤沈下の40分前に現場に設置されたコンクリートの壁が崩れそうになったことから安全な場所に避難しており、人命には被害がない。

 京義線の一部区間で運行が中断されたほか、道路も通行止めとなった。京畿道・高陽市の幸信駅を出発する高速鉄道(KTX)の列車運行も中断されたため、ソウル駅や竜山駅まで移動してから乗車しなければならない。

 コレールは事故原因を調べる一方、4日正午までの一次復旧を目指し作業を進める。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。