Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮は最悪の人身売買国、韓国はアジアで買春

記事一覧 2007.06.13 09:41

北朝鮮は最悪の人身売買国、韓国はアジアで買春

【ワシントン12日聯合】米国務省は12日に公開した世界各国の人身売買実態報告書を通じ、北朝鮮を最悪の人身売買国と分類したほか、韓国人男性は未成年者の買春を目的に東南アジア諸国や太平洋の島国を訪れるケースが増えていると明らかにした。国務省は、北朝鮮を人身売買被害者保護法(TVPA)上最小限の基準措置を満たしていない3等級、韓国を最上級の1等級にそれぞれ分類している。

 国務省は各国の人身売買水準を1、2等級と注意要望対象の2等級、3等級と4段階に区分している。TVPAが2000年10月に制定されて以降、韓国は2001年の3等級から2002年には1等級に格上げされ、今年までこれを維持している。一方北朝鮮は、調査が始まった2003年以降これまで最低級の3等級のままだ。

 国務省は今年も、北朝鮮を性的搾取や強制労働を目的に成人男女、未成年者を売買する国と分類した。数万人が国境を越え中国に不法滞在しており、中国や東南アジア諸国に滞在する脱北者数が増加することで、性的搾取や人身売買が起こりやすいと指摘した。報告書はまた、自発的に中国の国境を越えた北朝鮮女性や未成年者らが密売組織に捕まったり、結婚を条件に中国人に売買され強制労働させられていると明らかにしている。

 一方韓国の場合、女性が国内だけでなく米国や日本、香港、グアム、豪州、ニュージーランド、カナダ、西欧で商業的な性搾取のために売買されているという。またロシアやウズベキスタン、カザフスタン、中国、フィリピン、タイなど東南アジア諸国の女性が、やはり性売買目的で韓国に流入していると指摘した。

 報告書はさらに、韓国人男性は東南アジアや太平洋の島国での未成年者を対象にした買春行為の主要な需要者だと強調した。韓国は昨年、性売買防止法違反の疑いで190人を調査し、うち36人を起訴している。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。