Go to Contents Go to Navigation

愛国心示す「報勲意識指数」、63.9と低下続く

記事一覧 2007.06.29 16:03

愛国心示す「報勲意識指数」、63.9と低下続く

【ソウル29日聯合】国民の愛国心の指標となる報勲意識指数が毎年低下していることが分かった。国家報勲処がリサーチ専門企業に依頼し、全国15歳以上の1015人を対象に電話面接方式で報勲意識指数を調査した。

 それによると、報勲意識指数の平均は100点満点中63.9点だった。2005年が66.7点、昨年が65.0点と毎年低下を続けている。

 国籍に対する自負心を評価してもらったところ平均点は72.8点で、2005年から4.5点低下した。年齢層別では30代が68.0点で最も低かった。

 また、国に危機が発生した場合にこれを乗り越えるため協力する意向があるかとの質問に対し、回答は平均71.7点となった。15~19歳が65.4点、20代が63.4点で平均を下回った。国に危機が発生した場合の国への信頼度評価では平均点は69.5点で、2005年から2.5点低下した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。