Go to Contents Go to Navigation

「国旗に対する誓い」文言修正試案まとまる

記事一覧 2007.07.06 14:53

「国旗に対する誓い」文言修正試案まとまる

【ソウル6日聯合】「国旗に対する誓い」の文言修正試案がまとまった。行政自治部が6日に明らかにしたもので、修正文案は「私は誇らしい太極旗の前に、自由で正義ある大韓民国の無窮の栄光のため忠誠を尽くすことを固く誓います」となった。これまでは「私は誇らしい太極旗の前に、祖国と民族の無窮の栄光のため体と心を捧げ忠誠を尽くすことを固く誓います」だった。

 修正文案では、憲法前文に普遍的に追求すべき価値として示されている「自由」と「正義」も盛り込んだ。また、従来の「祖国と民族の」という表現は、韓国が経済発展とともに国際的な位置づけも高まり、国同士の人的、経済的、制度的交流が拡大していることを考え、祖国と民族を強調するよりも、2002年のサッカー・ワールドカップなどを通じて親しまれている「大韓民国」の名前を取り入れた。

 「体と心を捧げ」の表現は、国が個人に対し一方的な犠牲を要求する盲目的な意味をイメージさせることから削除した。「忠誠」は「心からわき出る真心」を意味することから、未来志向的で理想的な価値を盛り込む上での問題はないとしてそのまま維持した。 

 行政自治部は修正文試案について、13日までの立法予告期間に最終的な意見聴取を経た上で、次官会議と閣議に上程、27日ごろに公布・施行する計画だ。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。