Go to Contents Go to Navigation

青磁数千点を積んだ高麗船舶、泰安沖で発見

記事一覧 2007.07.24 12:43

青磁数千点を積んだ高麗船舶、泰安沖で発見

【ソウル24日聯合】青磁数千点を積み黄海沿岸を航行中に沈没した高麗時代の船が見つかった。国立海洋遺物展示館が24日、漁夫が漁労作業中に高麗青磁を拾った忠清南道泰安郡近興面程竹里の沖一帯を水中調査した結果、高麗青磁を大量に積んだまま沈没した古い船1隻を確認したと明らかにした。

 2004年の全羅北道群山の十二東波島で発見された船をはじめ、2005年には全羅南道安佐島で、昨年は京畿道大阜島で高麗時代の船が発見されている。

 水中調査の結果、青磁運搬船は東西向きで沈没していることが分かった。船体の残骸(ざんがい)は東西7.7メートル、南北7.3メートルにわたりはっきりと残っている。幅40センチメートル、厚さ6センチメートルの外板や付属具、底板とみられる木材の一部、加工していない円筒木といかり綱を結ぶための石製の横棒などが肉眼で確認された。

 また沈没した船舶からは、1000点以上に上るとみられる高麗青磁が発見された。平鉢や皿が中心だが、瓜形水注やかめ、鉢、素焼きのつぼなど、以前の水中調査では確認されなかったさまざまな食器が発見された。

 同展示館のソン・ナクジュン課長は、現在肉眼で確認した高麗青磁は種類や形がさまざまで、紋様や表面のつや、胎土、焼成技法などが優秀なことから、全羅道康津で生産し、王室をはじめとした支配層に届けるため当時の都・開京に向かう途中で沈没したとの見方を示した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。