Go to Contents Go to Navigation

F1サーキット場建設、7月末に着工…全羅南道

記事一覧 2007.07.24 17:53

F1サーキット場建設、7月末に着工…全羅南道

【務安24日聯合】全羅南道が重点的に進めている自動車レースのフォーミュラワン(F1)世界選手権開催に向け、サーキット建設工事が予定通り7月末に着工される。

 道が24日に明らかにしたところによると、政府は同日、企画予算処、農林部など関連官庁による次官会議を開き、サーキットを建設する干拓地に対する優先使用協約の締結に同意した。これを受け、道は霊岩郡三湖邑56万坪の干拓地に対し、農林部と優先使用協約を結ぶ予定だ。

 今回の決定は、道の最大懸案となるF1事業に対し、政府が公式な立場を示したという点で大きな意味を持つ。世界選手権招致を支援する「F1特別法案」の制定が6月の臨時国会で白紙化され、危機に直面していたF1大会が開催に1歩近づいたことになる。ただ、政府の国庫支援やプロジェクト・ファイナンスを通じた資金調達など、サーキット建設に必要な財源の確保が課題として残っている。

 道は7月末からサーキット建設に着手するが、進入路や地盤の工事などから始めるため、正式な起工式は9月初旬に行う計画だ。

 サーキットは常設トラック(3.047キロメートル)とF1クラストラック(5.684キロメートル)を組み合わせた多機能ハイブリッド型サーキットになる予定だ。グランドスタンドなど主要施設に韓国の伝統美を生かして設計されたサーキットは、道を代表する観光商品になるものと期待される。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。