Go to Contents Go to Navigation

盧武鉉大統領「南北首脳会談、定例化の基盤に」

記事一覧 2007.08.08 17:36

盧武鉉大統領「南北首脳会談、定例化の基盤に」

【ソウル8日聯合】盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は8日、平壌で南北首脳会談が開催されることについて、「1回だけの成果というよりは、次の政府の役に立つよう南北首脳会談の制度化と定例化の基盤を作り、南北関係の進展はもちろん、北朝鮮と国際社会の関係改善を支援することも重要」と述べた。国家安全保障会議(NSC)を主宰した席で述べたもの。青瓦台(大統領府)の千晧宣(チョン・ホソン)報道官によると、盧大統領は、首脳会談がこれまで北朝鮮核問題のために停滞していた南北関係を正常化する契機になるという点に意味を置いた。朝鮮半島の非核化と南北間の平和問題、軍備統制、経済協力などの分野で実質的な進展がもたらされるよう、創造的かつ包括的な方法でアプローチする必要性を強調したという。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。