Go to Contents Go to Navigation

タリバンが人質殺害を警告、韓国の姿勢変化を非難

記事一覧 2007.08.19 10:24

タリバンが人質殺害を警告、韓国の姿勢変化を非難

【ドバイ19日聯合】アフガニスタンで韓国人を人質に取っている武装勢力タリバンが、人質の殺害を警告している。タリバン報道官は聯合ニュースとの間接通話で「韓国側が以前のように交渉に積極的でなければ人質をさらに1~2人殺害することもある」述べた。殺害の警告は13日に女性2人を解放してから初めて。

 報道官は、16日の対面交渉で韓国側が1日だけ時間をくれるよう求め、それに同意したが、1日半が過ぎた18日まで何の回答もないとし、人質2人の解放後、韓国側の交渉態度は以前のようではなくなったと指摘した。その上で、韓国側の対応が不十分なら人1~2人をさらに殺害することもあることを知るべきだとし、タリバン側の要求にも変わりがないことを強調した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。