Go to Contents Go to Navigation

偽ブランド品の対日輸出、件数・点数とも大幅減

記事一覧 2007.09.16 15:17

偽ブランド品の対日輸出、件数・点数とも大幅減

【ソウル16日聯合】偽ブランド品の対日輸出が大幅に減っていることが分かった。

 関税庁が16日に明らかにしたところによると、日本の税関が上半期に摘発した知的財産権侵害物を分析した結果、韓国からの輸出品の摘発件数は2409件で、9万3877点だった。摘発件数は前年同期に比べ52.1%、摘発点数は60.0%減少した。全摘発件数に占める韓国の割合は20.9%で、これも前年に比べ44.5%と大幅な減少を示している。

 関税庁は、昨年から日本行きの国際郵便物に対する取締りを強化するとともに広報活動にも力を入れたことが効果を表していると評価した。ただ、まだ十分な水準ではないとし、今後も取締り強化を続けていく方針を示している。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。