Go to Contents Go to Navigation

黄禹錫博士、タイで体細胞クローン研究活動か

記事一覧 2007.09.18 16:25

黄禹錫博士、タイで体細胞クローン研究活動か

【ソウル18日聯合】論文ねつ造などでソウル大学教授の職を追われた黄禹錫(ファン・ウソク)博士が、一部研究員らとともにタイで研究活動を行っていることが分かった。済州大学の朴世必(パク・セピル)教授が18日、聯合ニュースの電話取材に対し明らかにした。黄博士は2カ月ほど前から牛や猿の卵子を使って人間の体細胞クローン研究を行っているという。こうした動物の卵子を利用した異種間核移植研究は、倫理的問題から国内での研究が中断されている。

 匿名の政府関係者も、黄博士本人からタイのある国立大学で研究を進めていると聞いたと話している。しかし研究所の正確な所在地や研究資金の出どころなどについては明らかになっていない。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。