Go to Contents Go to Navigation

韓国初の宇宙飛行士、来年4月8日に宇宙へ

記事一覧 2007.11.27 11:29

韓国初の宇宙飛行士、来年4月8日に宇宙へ

【モスクワ27日聯合】韓国初の宇宙飛行士が搭乗するロシアの宇宙船ソユーズが、来年4月8日午後8時(韓国時間)にカザフスタン・バイコヌール宇宙基地から打ち上げられることが確定した。帰還日は同月19日となる。正式飛行士のコ・サンさん、予備飛行士のイ・ソヨンさんが、モスクワで現地時間26日に韓国特派員らとの懇談会を行った席で明らかにした。

 コさんによると、これまで暫定的に打ち上げ日を4月8日としていたが、最近ロシア連邦宇宙局が韓国政府に最終通知したという。コさんは、打ち上げ日決定の知らせを受けた瞬間からカウントダウンが始まった気分で、「まるでもう宇宙船に乗っているように緊張している」と心境を述べるとともに、重要な任務に負担も大きいが、出発前まで努力しなければと覚悟を示した。イさんは「心配よりも期待が大きい」と話している。

 2人は現在、ガガーリン宇宙センターで訓練を受けている。今後、宇宙で行う科学実験の追加点検のため間もなく韓国を訪問した後、米ヒューストンのジョンソン宇宙センターで訓練を受け、再びロシアに戻る。帰還時の高山地帯非常着陸に備えた生存訓練、最終身体検査と試験などを受け、打ち上げ10~15日前にバイコヌール基地に向かう。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。