Go to Contents Go to Navigation

李次期大統領は謝罪すべき、対日発言で各党が批判

記事一覧 2008.01.18 17:49

李次期大統領は謝罪すべき、対日発言で各党が批判

【ソウル18日聯合】李明博(イ・ミョンバク)次期大統領が17日の外信記者会見で「成熟した韓日関係を築くため、日本に謝罪や反省という言葉を使いたくない」と述べたことに対し、各党が批判の声を上げた。

 大統合民主新党の崔宰誠(チェ・ジェソン)院内報道官は18日の会見で、李次期大統領の発言は国民感情とかけ離れたものだと主張し、発言の撤回と国民への謝罪を求めた。

 民主労働党の孫洛亀(ソン・ナクグ)報道官も論評を通じ、「李次期大統領の韓日関係に関する発言は国民情緒とかけ離れた妄言だ。実用主義は時には必要だが、守るものは守った上で実用してこそ意味があり、民族自尊心という重要な価値をけなすような実用はボーダーラインを超えている」と批判した。

 民主党の柳鍾ピル(ユ・ジョンピル)報道官は、日本の歴史歪曲(わいきょく)など、韓日間の重要な懸案がまだ解決されていない状態で過去を問わないと発言しては、日本に誤ったシグナルを送る可能性があると指摘した。自由新党設立準備委員会のイ・ヘヨン報道官も、民族的自尊心にかかわる歴史問題を実用という名の下に追いやるなど、李次期大統領の歴史認識の問題点が明らかになったと述べている。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。