Go to Contents Go to Navigation

民主労働党離党予定の2議員、進歩政党旗揚げへ

記事一覧 2008.02.21 14:34

民主労働党離党予定の2議員、進歩政党旗揚げへ

【ソウル21日聯合】民主労働党を離党する方針を明らかにしている沈相ジョン(シム・サンジョン)議員と魯会燦(ノ・フェチャン)議員が21日に会見し、来月16日に進歩新党を旗揚げする考えを示すとともに、進歩政党創設に向けた円卓会議の開催を提案した。

 両議員は、趙承洙(チョ・スンス)元議員ら平等派中心の民主労働党離党グループ、各界の進歩勢力とともに24日に進歩政党大討論会、来月2日に進歩政党創設円卓会議と創設発起人大会を経て政党法上の要件を満たし3月16日に創設大会を開催するとのロードマップを提示した。両議員はまず、進歩勢力の総選挙対応機関としての性格を持つ進歩政党を創設した後、総選挙後に実質的な党創設作業を行う戦略だ。このために経済、教育、環境・生態、保健・福祉部門と労働者、農民、女性、学生分野を包括して組織化作業に乗り出し、比例代表候補も擁立する方針だ。

 沈議員は「総選挙を控え、李明博(イ・ミョンバク)政権の暴走をけん制するため、平等、生態、平和、連帯を核心価値とする強力な進歩野党を作りたい。進歩陣営が危機なのに分裂すればさらに厳しくなると懸念する人もいるが、進歩政党はむしろ進歩政治勢力再編のための分化過程だ」と話している。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。