Go to Contents Go to Navigation

韓国の子ども、日中より体格いいが体力は劣る

記事一覧 2008.02.29 18:00

韓国の子ども、日中より体格いいが体力は劣る

【ソウル29日聯合】韓国の小学生の身長は中国と日本に比べ1~2センチメートル低く、中学生で日中を超すが、体力は両国に劣っていることが分かった。

 文化体育観光部が29日に発表した2007年の国民体力実態調査結果によると、韓国の男子は13歳で中国、15歳で日本の生徒の身長を超し、3~4センチの差をつけている。女子は12歳で中国、13歳で日本より、それぞれ2~3センチ高い。韓国人の背が最も高くなるのは男女とも20代初めで、男性は175.1センチ、女性は161.9センチだった。

 しかし、50メートル走や持久走、垂直跳びなど基礎体力測定では日中の青少年を下回った。50メートル走の場合、韓国の7歳が11秒台後半を記録したのに対し、日本は10秒後半を切っている。中国も11秒台初めと、韓国より早い。18歳男子の記録を比較しても、韓国は8秒台初め、日本は7秒台半ばだった。

 韓国の青少年は過去の記録と比べても体力が落ちていることが分かる。小学生の50メートル走は1989年の調査より0.4~0.7秒遅く、2004年との比較でも男子中高生が0.1~0.4秒、女子中高生は0.2~0.8秒遅かった。小学生の持久走も1992年と比べ40~50秒遅くなった。体力低下の問題は、体力測定の結果を入試の内申に反映させる制度が1994年に廃止されてから深刻化しており、学校体育活動の課程に根本的な改善が必要との指摘を生んでいる。

 一方、成人の場合は、過去に比べ体力は小幅ながら全般的に向上した。週休2日制の勤務体系で余暇時間が増え、健康に対する関心が高まっているためと分析されている。

 この調査は3年ごとに実施される。7歳以上の国民を母集団とし、標本抽出した全国の男女5000人について身長や体重、身体質量指数、腕立て伏せ、持久走など10項目を測定する。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。