Go to Contents Go to Navigation

民主党・鄭東泳氏も出馬宣言、銅雀乙地域から

記事一覧 2008.03.12 18:08

民主党・鄭東泳氏も出馬宣言、銅雀乙地域から

【ソウル12日聯合】昨年の大統領選挙に統合民主党の前身、大統合民主党から立候補した鄭東泳(チョン・ドンヨン)元統一部長官が、来月9日に実施される国会議員総選挙にソウル・銅雀乙地域から出馬すると正式に発表した。

 民主党本部で記者会見を開いた鄭元長官は、「おごりと独善、特権層を代弁するハンナラ党を正すため、小さくとも力を尽くしたい」と、出馬決定の背景を説明した。国民は誤った政策方向を修正し新たに実践する強力な野党を望んでいると主張し、党の勧めによりソウル南部ベルト地域での出馬を決めたと述べた。この地域で意味のある議席を獲得することに貢献するとともに、50年の伝統を持つ民主平和改革陣営を代表する統合民主党が、国民のパートナーとなれるよう最善を尽くすと強調した。

 民主党からは孫鶴圭(ソン・ハクキュ)代表が同日午前に鍾路地域からの出馬を宣言している。党の二枚看板がそれぞれソウルの北部と南部を受け持ち選挙構図をリードするという役割分担を狙ったものと思われる。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。