Go to Contents Go to Navigation

柳仁村長官、名指しで前政権任命者の退陣を要求

記事一覧 2008.03.17 14:39

柳仁村長官、名指しで前政権任命者の退陣を要求

【ソウル17日聯合】文化体育観光部の柳仁村(ユ・インチョン)長官が、前政権の人事交代論を重ねて主張するとともに、金正憲(キム・ジョンホン)韓国文化芸術委員長をはじめ該当者を名指しし、退陣を求めた。

 柳長官は17日付で中央日報に掲載されたインタビューを通じ、「金委員長や国立現代美術館の金潤洙(キム・ユンス)館長らは辞任するのが純理」とし、最後まで地位に執着するのであれば在任中に起こした問題を具体的に明示するしかないとの考えを示した。

 その例として、金正憲委員長については「文化芸術委員会の内紛で金炳翼(キム・ビョンイク)前委員長が勇退し、その後を継いで委員長に就任したが、第1期委員として連帯責任を負うのが当然だ」と述べた。金潤洙館長に対しては、就任初期に当時の丁俊模(チョン・ジュンモ)学芸室長を追い出したのは行き過ぎだったと退陣理由を挙げている。また、昨年末に起きた「芸術の殿堂」火災事件について同施設の申鉉沢(シン・ヒョンテク)社長、鄭銀淑(チョン・ウンスク)国立オペラ団長の責任論を提起し、退陣を促した。

 柳長官は、12日の光化門文化フォーラムで前政権で任命された政府関係機関長の退陣を要求したことについて、「青瓦台(大統領府)や与党などと事前に意見調整は行っておらず、日ごろの所信に基づいたもの」と説明した。

 一方、文化体育観光部の禹真栄(ウ・ジンヨン)報道官は「柳長官がインタビューで機関長を名指ししたのは前回の発言に対する状況説明のためであって、在任中に起きた問題を公開すると強調したものではない」と釈明した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。