Go to Contents Go to Navigation

鄭夢準議員、ハンナラ党代表選挙出馬の意向示唆

記事一覧 2008.03.18 10:45

鄭夢準議員、ハンナラ党代表選挙出馬の意向示唆

【ソウル18日聯合】ハンナラ党の鄭夢準(チョン・モンジュン)最高委員は18日、7月の党大会で予定されている党代表選出選挙への出馬と関連し、「基盤はないが、一生懸命にやりたい」と述べ、出馬の意向を示唆した。MBCラジオの番組に出演した席で述べた。

 鄭最高委員は来月の国会議員総選挙で、これまでの地盤だった蔚山東選挙区を捨てソウル・銅雀乙選挙区から出馬することを決めており、「総選挙で当選すれば、当選後に銅雀乙(の住民)とソウル市民の考えを聞いて決定したい」と述べた。また、7月の党大会では代表1人を選ぶのではなく、6人の最高委員も選ばれるとした上で、「そのうちの1人になってもよく、1人(代表)になっても光栄だ」との考えを示した。

 選挙区を蔚山東から銅雀乙に変えた背景と関連しては、「党には主流派と非主流派が常にあり、そういうことも決定要因になるが、李明博(イ・ミョンバク)政権発足から20日しか経っておらず、蔚山でまた楽に当選するのは無責任だと考えた」と述べた。またこのことについて周辺からは「わなにはまった」と言われるが、それならば一生懸命やって克服したいとの考えを示した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。