Go to Contents Go to Navigation

漫才コンビのチング「笑いで韓日の距離縮めたい」

記事一覧 2008.03.25 16:20

漫才コンビのチング「笑いで韓日の距離縮めたい」

【東京25日聯合】韓日の大衆文化をつなぐ架け橋役を果たす、日本の漫才コンビがいる。韓国語に精通し韓国居住経験を持つ吉井慎一、ポカ(高須賀浩司)の2人が2003年に結成した吉本興業所属のお笑いコンビ、チングだ。

 2人は笑いで両国の距離を縮めようと、韓日の文化の違いをネタにした漫才を披露してきた。昨年から東京で韓日交流トークイベント「八田りチングのチンチャトーク」を行っており、今月23日に5回目のチンチャトークを開催した。リハーサルで忙しい2人に、会場となった東京・コリアンタウンの韓国料理店で会った。

 韓国のコメディと観客について尋ねると、2人は「初めて韓国に暮らした5年前とは大きく変わった。当時は必死に漫才しても反応が少なかったが、今はダウンタウンなど日本のお笑いがたくさん紹介され、『日流』の風が吹いているようだ。容易に受け入れ、たくさん笑ってくれるようでうれしい」と話した。2人は結成翌年にソウルで下宿生活し、韓国語を習得した。韓国ではコメディーライブステージを開催したほかテレビにも出演し、帰国後も韓流フェスティバル、韓流スターイベントなどの常連としてムードを盛り上げてきた。

 デビュー以来、2人は「チンチャトーク」に韓国フードコラムニストの八田靖史さん、韓国プロ野球ジャーナリストの室井昌也さんら韓国通を招いてきた。今後は東京だけでなく大阪や韓国でもトークショーを開催する予定だ。また、NHKの韓国語講座出演をはじめ、昨年には日本に滞在していたグループのSS501とともに韓国エンターテイメントチャンネル・Mnetのコーナーを担当し、韓流ファンの間でも人気を博している。

 今後の活動について尋ねると、2人は「韓国で暮らしながらずっと活動していきたい」と口をそろえた。5月13日には日本国際交流基金の招きを受け、ソウル文化センターでステージを開催する。「今後こうしたチャンスが増え、より多くの人がもっと笑ってくれれば」と話している。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。