Go to Contents Go to Navigation

ソニーとの投資問題は上半期中に結論、サムスン電子

記事一覧 2008.03.28 13:47

ソニーとの投資問題は上半期中に結論、サムスン電子

【ソウル28日聯合】サムスン電子の李相浣(イ・サンワン)LCD総轄社長は28日に開かれた同社の株主総会後、ソニーとの液晶パネル第8世代第2ラインの共同投資問題については、上半期中によい方向で結論が出るとの見方を示した。

 サムスン電子は最近、ソニーとの共同投資を準備している忠清南道湯井で8-2ライン用工場の建設に向けた投資資金を割り当てており、事実上基礎工事に入っている。李社長も「すでにラインは着工した状態」と話している。一方、第10世代を含む今後の投資もソニーと共同で行うのかを問う質問には、第8世代が優先で、その後に話し合うのが順序だとしたうえで、ソニーとの共同投資のチャンスがないとは考えていないと可能性を示した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。