Go to Contents Go to Navigation

民主労働党「最悪の選挙、最大の被害者は国民」

記事一覧 2008.04.09 20:19

民主労働党「最悪の選挙、最大の被害者は国民」

【ソウル9日聯合】民主労働党の朴昇洽(パク・スンフプ)報道官は、9日午後6時からの開票初盤のようすを見守った後に会見を行い、国民の政治に対する失望から投票率が過去最低となったとし、政治不信が強まった責任はハンナラ党と統合民主党にあると批判した。最悪の選挙、政党政治の後退による最大の被害者は国民であり、民主労働党だと主張。保守政党の欺まん的な政治のために政策選挙は消え失せ民生はなおざりになったと批判し、そうした最悪の選挙で着実に庶民経済再生に向けた政策と実践を掲げた民主労働党は困難に直面したと強調した。

 一方で、「同党の権永吉(クォン・ヨンギル)候補と姜基甲(カン・ギガプ)候補が当選するものと確信し、国民が労働者・庶民を代表する民主労働党を選択してくれたものと信じる」と述べ、最後まで結果を見守る姿勢を示した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。