Go to Contents Go to Navigation

サムスンSDS、日本の電子政府事業で頭角

記事一覧 2008.05.25 13:09

サムスンSDS、日本の電子政府事業で頭角

【ソウル25日聯合】サムスンSDSが日本の電子政府構築事業に順調に進出している。

 同社が25日に明らかにしたところによると、先に佐賀県佐賀市などの電子政府事業を成功裏に終えたのに続き、沖縄県浦添市電子政府構築事業にも参入する予定だ。日本のITサービス企業側から事業パートナーとしての参入要請があったもので、これまでの日本での事業例が高く評価されたと、同社は話している。浦添市電子政府事業は今年から2年間かけ、1000万ドル規模で進められる。

 サムスンSDSは今後も日本の地方自治体から事業参入の提案が相次ぐものと期待している。日本の企業からも、企業資源計画(ERP)やサプライチェーン・マネジメント(SCM)などの分野で共同事業参入の要請を受けているという。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。