Go to Contents Go to Navigation

現代重工業の「羽根付き船舶」、燃料節減効果で人気

記事一覧 2008.06.22 14:30

現代重工業の「羽根付き船舶」、燃料節減効果で人気

【ソウル22日聯合】現代重工業が世界に先駆けて開発した「船舶に羽根を付ける」技術が、燃料節減効果から船主に人気を呼んでいる。

 同社は、羽根を装着した8600TEU(20フィートコンテナ換算)クラスのコンテナ船を2006年に受注したドイツの船会社から、このほど同クラスの船舶6隻に羽根を付けるよう注文を受けた。他社からの問い合わせも相次いでいるという。

 現代重工業が開発した「推力羽根(Thrust Fin)」技術は、揚力を発生させる羽根を船舶のプロペラ後ろの方向舵に装着するというもの。これを装着すると、プロペラが起こす回転流の推進力を再活用でき、4~5%の燃料節減効果がある。1日300トン以上の燃料を使用する大型コンテナの場合、年間240万ドルの油類費を節約できるという。同社はこの技術について国内特許登録を済ませ、10カ国にも特許を出願している。

 同社は、推力羽根は中国や日本などのライバル国が容易にまねできない技術だと説明、今後は年間30台以上の加工能力を確保する計画だと話している。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。