Go to Contents Go to Navigation

アシアナ航空もマイレージに有効期限、10月から

記事一覧 2008.06.24 17:10

アシアナ航空もマイレージに有効期限、10月から

【ソウル24日聯合】大韓航空に次いでアシアナ航空も、航空機の利用距離に応じサービスが提供される「マイレージ」に有効期限を設ける。

 同社は24日、今年10月から会員の等級に応じたマイレージ有効期限制度に踏み切ることを明らかにした。等級がゴールド以上の会員の場合、有効期限は7年、シルバー会員は5年と定められた。会員がためたマイレージを使う時は、10月以降に取得した有効期限のあるマイレージが先に使われ、それ以前にためたマイレージの使用は後に回される。

 アシアナ航空ではマイレージ有効期限制度を導入する代わり、会員がマイレージを使える機会を拡大するために各路線で最大25%をマイレージ使用者用の座席として割り当てる計画だ。マイレージが足りず搭乗券に換えられない会員に対しては、インターネットショッピングや機内免税品、映画館や飲食店などでマイレージを使えるよう提携先を拡大する。

 同社は有効期限を設けた背景について、従来のマイレージ制度が経営の負担となっているうえ、顧客もマイレージを使える機会が少なかった点を挙げた。

 一方、大韓航空は来月から、取得したマイレージの有効期限を5年とする制度を施行する。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。