Go to Contents Go to Navigation

泳いで独島33周、チョ・オリョンさんスタート

記事一覧 2008.07.01 15:52

泳いで独島33周、チョ・オリョンさんスタート

【ソウル1日聯合】1974年アジア大会の水泳自由形金メダリストで「アジアのオットセイ」とも呼ばれるチョ・オリョンさんが、泳いで独島を33周する「独島プロジェクト」を力強くスタートさせた。独島宣言文に署名した33人の民族代表をたたえ、「独島は韓国の地」との事実をアピールするために行うもの。

 チョさんは1日午前9時半過ぎに独島東島の船着場前に設置されたブイからスタートし、1時間16分で1周した。予想以上に水が冷たかったことから初日は1周で終え、翌日に再度スタートする。

 チョさんは「コンディションは非常に良い。1人で泳ぐのは寂しいと思う人が多いが、水中には自分だけの世界が広がっているので問題ない」と話した。続けて「国民の愛を受けて泳いでいると思っている。必ずプロジェクトを成功させ、民族代表33人の高貴な意思を受け継いでいきたい」と意欲を示した。

 チョさんは済州道で5カ月ほどトレーニングを行った後、先月28日に独島入りした。プロジェクトには医務・海流のアドバイザーをはじめ総勢8人がサポートに付いている。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。