Go to Contents Go to Navigation

輸入車市場で日本車急増、先月シェア4割を初突破

記事一覧 2008.07.07 11:03

輸入車市場で日本車急増、先月シェア4割を初突破

【ソウル7日聯合】先月の輸入車市場で日本車のシェアが初めて4割を超えた。輸入車業界が7日に明らかにしたところによると、昨年の輸入車市場で1万7633台、シェア33.0%だった日本車は、今年は5月までの累計で9257台、シェア33.2%と集計されたのに続き、先月は2289台で41.0%を記録した。これで上半期のシェアは34.5%に上がった。

 日本車シェアは2001年は10.9%(841台)にすぎなかったが、翌年には18.4%(2968台)に拡大、その後も年を追うごとにシェアを上げ、2006年には30.1%(1万2205台)と30%台に乗った。

 一方、欧州車は2001年のシェア69.8%から昨年は55.3%まで下がり、米国車も昨年11.7%まで縮小するなど、日本車に急速に押されつつある。

 ある輸入車関係者は、「日本車の拡大速度は驚異的な水準で、価格帯の低い大衆車が入ってくれば現代自動車など国産車も少なからぬ打撃を受けると予想される」と話す。日本車が輸入車市場でシェア5割を超えるのも時間の問題だとした。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。