Go to Contents Go to Navigation

親朴連帯、政党解散後にハンナラ党へ入党へ

記事一覧 2008.07.11 12:04

親朴連帯、政党解散後にハンナラ党へ入党へ

【ソウル11日聯合】ハンナラ党が党外の親朴(槿恵)連帯所属議員の一括復党を許可したことから、親朴連帯は政党解散後にハンナラ党へ入党する方針を固めた。

 親朴連帯の徐清源(ソ・チョンウォン)代表は11日、党本部で開かれた最高委員会会議で「大筋は固まった」とし、入党にあたっての手続き上、法律上の難題は前向きに解決していくと述べた。復党の時期と関連しては、手続きが容易な小選挙区選出議員はすぐに復党申請を出し、比例代表選出議員は手続き上、法上の問題を解決して復党するのが望ましいとした。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。