Go to Contents Go to Navigation

独島を世界自然遺産登録へ、議員が国会決議案提出

記事一覧 2008.07.20 15:58

独島を世界自然遺産登録へ、議員が国会決議案提出

【ソウル20日聯合】ハンナラ党の金小南(キム・ソナム)議員は20日、独島が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界自然遺産が認められるよう政府の努力を促す国会決議案を提出した。

 決議案は、独島が世界自然遺産と生物圏保全地域に指定されるよう予備リストへの登録手続きを優先的に推進し、ユネスコ諮問機関の国際自然保護連合と国際記念物遺跡会議の専門家を招き現地調査・研究を行うという内容を盛り込んでいる。

 また、政府による学術資料の蓄積と保護管理計画の策定・施行、さらに地方自治体の関連事業に対する財政的な支援を求めている。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。