Go to Contents Go to Navigation

東方神起やw-inds、アジアソングフェス出演

記事一覧 2008.08.04 14:14

東方神起やw-inds、アジアソングフェス出演

【ソウル4日聯合】韓日台をそれぞれ代表するアイドルグループ、東方神起、w-inds(ウィンズ)、飛輪海(フェイルンハイ)が10月4日にソウル・上岩ワールドカップスタジアムで催される「2008アジアソングフェスティバル」に出演する。国際文化産業交流財団が4日に明らかにした。今年はアジア12カ国・地域の20組余りが参加するが、この3組が同じステージに立つのは初めて。

 東方神起はこのほど日本のオリコンチャート週間シングルチャートでアジアアーティストとしては初の3回目首位を獲得、日本全国ツアーでは15万人を集めアジアトップクラスのアーティストに成長している。2001年デビューのw-indsはNHK紅白歌合戦に6回連続出場し、TBSのレコード大賞では2002年から2007年まで金賞を受賞している。飛輪海はF4の流れをくむアイドルグループとして活躍しており、メンバーが出演したドラマで韓国でも多くのファンをつかんでいる。メンバー全員が訪韓するのも今回が初めてとなる。

 また、韓国からは少女時代やSHINee(シャイニー)、日本のBerryz工房、中国のアンソン・フー(胡彦斌)、香港出身のカレン・モク(莫文蔚)が出るほか、タイやベトナムやフィリピン、インドネシアのスターも勢ぞろいする。

 前夜祭ではアジアのレコード会社やプロモーター関係者が出席する「アジア音楽産業リーダーフォーラム」やアジア新人アーティスト8組による「アジアトップ新人歌手コンサート」が予定されている。各国の大衆音楽の変遷を把握できる「アジア大衆音楽体験野外常設ショーケース」なども開かれる。

 アジアソングフェスティバルは2004年にアジア7カ国・地域9組の歌手によるステージで始まった。年を重ねるごとに出演者が増え、昨年は9カ国・地域の13組のトップ歌手が参加した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。