Go to Contents Go to Navigation

急増続く対日赤字、部品素材中心に赤字体質定着

記事一覧 2008.09.24 14:44

急増続く対日赤字、部品素材中心に赤字体質定着

【ソウル24日聯合】年初から8月までの対日貿易赤字が232億ドルに達することがわかった。これは昨年の年間対日赤字(299億ドル)の77%に当たる。韓国銀行は24日、こうした内容をまとめた「対日貿易逆調固着化の原因と今後の政策課題」と題する報告書を発表した。

 それによると、対日貿易の赤字幅は1990年の59億ドルから2000年に114億ドル、昨年には299億ドルと急増を続けている。特に、部品素材が対日貿易赤字額に占める割合が60%を超え、同分野を中心に赤字が定着していることがわかった。

 報告書は対日貿易赤字の原因について、韓国が短期間で高成長を追求する「圧縮成長」戦略を採っているため、独自の基幹技術を十分に蓄積できず部品素材産業がぜい弱だと分析した。実際に、IT産業の中核部品素材と機器の対日輸入依存度を見ると、液晶ディスプレー用ガラスが82.5%、液晶ディスプレー・プラズマディスプレー製造機器が77.4%、半導体部品のシリコンウエハーが69.6%など、大半を日本からの輸入に頼っている。

 報告書はまた別の原因として、製造・技術に対する認識の違いを指摘する。国内大企業は基幹技術よりも中核技術を輸入し1~2年内に成果を出せる応用、製品化に多額の投資を注ぎ収益を上げている。一方、日本企業は大規模投資によるリスクは回避するが、長期間にわたり蓄積してきた製造・技術ノウハウを基に基幹技術と中核部品素材の開発に力を入れている。

 報告書はこのほか、同じ品質やデザインなら多少高くても輸入品より国内製品を購入する日本市場の「ジャパン・プレミアム」特性、ウォン・円相場の変動などの影響で対日輸出が不振だと分析した。その上で、企業の基幹技術の開発能力向上、製造技術に対する社会的な役割モデルの確立、ハイレベル技術・機能に関する人材育成、中小企業の活性化など、10~20年以上の長いスパンで対日貿易改善策を進めるべきだと指摘した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。