Go to Contents Go to Navigation

「法秩序の順守には例外ない」李大統領が強調

記事一覧 2008.09.25 13:40

「法秩序の順守には例外ない」李大統領が強調

【ソウル25日聯合】李明博(イ・ミョンバク)大統領は25日、法秩序の確立と関連し「任期内に本当に法秩序を守る社会を作る」との決意を示した。国家競争力強化委員会の会議で述べたもので、法秩序の順守にはだれ一人例外があり得ないとした。続けて、法秩序の問題は先進国の仲間入りをする条件にもなるが、経済を再生させ経済成長を高め、外国人投資を誘致する条件にもなると強調した。

 李大統領はまた、専門家でない多くの外国人が不法滞在するようになったことも、社会的に問題が非常に多いと述べた。現在23万人の不法滞在者がおり、中小企業がまだこうした外国人労働力を必要としている状況で、この問題に対し効率的かつ公正な制度が確立されていないと指摘、確固たる政策の樹立を促した。

 法務部はこの日、国内に滞在する外国人の19.3%を占める不法滞在者の割合を5年以内に10%以下に下げるとの方針を発表している。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。