Go to Contents Go to Navigation

対ドル相場が急落、4年9カ月来の安値水準に

記事一覧 2008.09.29 16:25

対ドル相場が急落、4年9カ月来の安値水準に

【ソウル29日聯合】米政府と議会が金融救済法案に合意したにもかかわらず、韓国金融市場は恐慌状態をみせた。ウォン・ドル相場は一時、1ドル=1200ウォン台に達し、外国為替市場は外為危機当時のような緊張感に包まれた。

 29日のソウル外国為替市場は先週末より28.30ウォン安の1188.80ウォンで取引を終えた。2004年1月5日に1ドル=1192.00ウォンをつけて以来、4年9カ月ぶりのウォン安水準を記録した。この日は8.50ウォン安の1169.00ウォンで寄り付き、後場には一時1200ウォンを突破したが、当局の介入で1188ウォン台に落ち着いた。

 為替市場不安の影響で、証券市場では総合株価指数が前日終値より19.97ポイント下落、1456.36ポイントとした。米政府と議会の金融対策の報道に後押しされ強含みで取引を開始し前場に1500ポイントを超えたが、対ドル相場の急落で一時は1449.33ポイントまで値を下げた。機関売りが優位をみせ、1998年の統計開始以来、2番目に大規模の売り越しを記録した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。