Go to Contents Go to Navigation

崇礼門放火事件、被告の男に懲役10年が確定

記事一覧 2008.10.09 17:45

崇礼門放火事件、被告の男に懲役10年が確定

【ソウル9日聯合】国宝第1号の崇礼門(南大門)に放火したとして、文化財保護法違反の罪に問われた70歳の男に対し、懲役10年の刑が確定した。大法院(最高裁判所に当たる)は9日、懲役10年を言い渡した原審の判断は正当だとし、被告の上告を棄却した。

 被告は2006年に昌慶宮に放火した容疑で起訴され執行猶予期間中だったにもかかわらず、今年2月に崇礼門にシンナーをまいて火を付け、全焼させた容疑で拘束起訴されていた。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。