Go to Contents Go to Navigation

先進国通貨スワップの新興国拡大を要求、姜万洙長官

記事一覧 2008.10.12 17:05

先進国通貨スワップの新興国拡大を要求、姜万洙長官

【ワシントン11日聯合】企画財政部の姜万洙(カン・マンス)長官は11日、金融危機に対応するために先進国間の通貨スワップの対象を韓国など新興国にも拡大する必要があると述べた。ワシントンで開かれた主要20カ国財務相・中央銀行総裁会議(G20)の緊急会合で基調演説したもの。

 姜長官は、先進国が最近取っている流動性供給や利下げなど積極的で迅速な金融市場安定政策に対する積極的な支持を表明した。その上で、先進国で発生した金融危機で新興国が大変な困難に直面しているとし、こうした地域の金融市場不安が再び先進国に転移する現象を考えると、先進国の政策協調に新興国も含めるべきだと主張した。金融危機が長期化し実体経済まで悪化すれば、韓国のような新興国は外貨準備高で解決するしかなく、米国債などを売れば先進国も苦しくなると説明した。

 多国間協力体制としては、G7やG14など先進国中心から抜け出し新興国を含むG20を積極的に活用するのが効率的で、韓国もG20での役割を一層強化するとの考えを示した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。