Go to Contents Go to Navigation

対ドル相場、11年ぶり最大の下落幅を記録

記事一覧 2008.10.17 16:04

対ドル相場、11年ぶり最大の下落幅を記録

【ソウル16日聯合】国内外の株式市場急落を受け、ウォン・ドル相場が10年10カ月ぶり最大の下落幅を記録した。

 16日のソウル外国為替市場で、対ドル相場は前日終値比133.50ウォン急落した1ドル=1373.00ウォンで取引を終えた。下落幅は1997年12月31日(145.00ウォン)以来で最大となった。

 対ドル相場は前日終値比100.50ウォン下落した1ドル=1340.00で取引を開始し、2分後に1365.00ウォンまで急落した。その後は1317.50ウォンまで戻したが、買いが入るや再び1340ウォン台をつけた。大引けにかけて買いが優勢となり、一時は1375.00ウォンまでウォン安が進んだ。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。