Go to Contents Go to Navigation

民心測る再補欠選挙、ハンナラ・先進党が票田で勝利

記事一覧 2008.10.30 10:10

民心測る再補欠選挙、ハンナラ・先進党が票田で勝利

【ソウル30日聯合】全国14選挙区で29日に実施された基礎団体(市・郡・自治区)首長・議員、広域議員の再補欠選挙で、与党ハンナラ党と自由先進党がそれぞれの票田で勝利を収め、体面を保った。

 投開票の結果、2選挙区で行われた基礎団体長選は、蔚山・蔚州郡首にハンナラ党の辛璋烈(シン・ジャンヨル)候補、忠清南道・燕岐郡首に自由先進党の兪漢植(ユ・ハンシク)候補が当選した。

 広域議員選挙は3選挙区で行われ、蔚山・蔚州郡3区ではハンナラ党の許鈴(ホ・リョン)候補、慶尚北道・星州郡1区ではハンナラ党の金質洙(キム・ジス)候補、慶尚北道・亀尾4区では無所属の金大鎬(キム・デホ)候補が勝利を収めた。

 基礎団体議員選は9選挙区で実施。無所属が3選挙区で勝利、ハンナラ党と自由先進党は2選挙区ずつ、民主党と民主労働党が1選挙区ずつ当選した。

 今回の再補欠選は、郡首2人と広域・基礎議員12人を選出する「軽量級選挙」だったが、コメ所得補てん直払金問題の影響と国内外の経済危機のなかで民心の行方を測る場になるとして関心を集めた。ハンナラ党は蔚山・蔚州郡首を含め広域・基礎議員5選挙区で勝利し、今後の国政運営の主導権を一手に収める契機を設けたと評価された。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。