Go to Contents Go to Navigation

日本強制出国の韓国人ら、密航試み釜山沖で検挙

記事一覧 2008.11.06 11:20

日本強制出国の韓国人ら、密航試み釜山沖で検挙

【釜山6日聯合】南海地方海洋警察庁は6日、日本に密入国しようとした韓国人17人と密航あっせん組織の総責任者ら組織員2人を検挙し、捜査中だと明らかにした。

 密航者は男9人と女8人。あっせん組織に1人当たり1000万ウォン(約75万円)を支払っていた。5日午後8時40分ごろ、高速船を利用し日本に密航しようとしたが、釜山・木島から東に5キロメートルの海上で検挙された。調べによると、密航者らの大部分は日本を強制出国させられており、再入国が不可能なため密入国を試みている。すでに数回にわたり密入国容疑で処罰を受けたり、密航犯で裁判にかけられている者もいるという。

 警察は密航に使われた高速船を押収する一方、全員に対し密航取締法違反の容疑で拘束令状を申請する方針だ。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。