Go to Contents Go to Navigation

巨人イ・スンヨプが帰国「野球人生で最悪の1年」

記事一覧 2008.11.11 19:36

巨人イ・スンヨプが帰国「野球人生で最悪の1年」

【ソウル11日聨合】「野球人生で最悪の1年だった」――。日本プロ野球巨人のイ・スンヨプが、シーズンを終え11日に帰国した。家族らとともに金浦空港に到着したイ・スンヨプは、そのまま大邱に移動。当分は故郷で休養する予定だ。

 今季は北京五輪で韓国代表の金メダル獲得に大きく貢献し、巨人のリーグ逆転優勝にも一役買ったが、日本シリーズでは18打数2安打と不振、主砲としての面目を失った。韓国滞在中に例年より早くトレーニングを開始し、来季に備える考えだ。来春開幕するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)には辞退する意向を明らかにしており、近く韓国代表のキム・インシク監督にも正式に話す計画だ。

 以下はイ・スンヨプとの一問一答。

――日本シリーズを終えた今の気分は。

「よくない。チームが負けたし、その原因のひとつは自分だと分かっている。期待してくれたファンに申し訳ない。準備不足だったし、相手チームにいいようにやられた」

――WBC辞退の考えに変わりはないか。

「出場はしない。4年契約のうち2年が過ぎた。その間、手術を受け国際大会に出場し、来季に向けた準備が不足した。国を思うと出るべきだろうが、残りの2年は巨人のために活躍したい。今の実力で出場すれば恥をかくだろう。よい1塁手の後輩は多く、わたしがいなくても空白はないと思っている。キム・インシク監督にその意向を伝える」

――1年間を振り返ると。

「野球人生で最悪の1年だった。本当に振り返りたくない1年だ。金メダルは永遠に忘れられないが、短い時間だった。しかし、2軍にいた時間は長く成績もよくなかった。考えたくもない1年だ。期待し支援してくれた方々には申し訳ない」

――韓国での計画は。

「とりあえず休むつもりだが、以前より早く練習を開始したい。体の状態は悪くないだけに、ことし何が問題だったのかを見つけ出し、来年に備えたい」

――ことしの不振の原因は。

「話したところで言い訳にすぎず、ストレスが溜まるだけだ。すべて自分のせいだ。コンディションを100%に上げられなかったし、維持できなかった」

――今後の課題は

「左手筋力の補強だ。サポーターを着用し打撃に臨んでいるが、感覚が異なる。痛みをとることが優先だ」

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。