Go to Contents Go to Navigation

対日貿易の年間累計赤字290億ドル、輸出額上回る

記事一覧 2008.11.16 15:55

対日貿易の年間累計赤字290億ドル、輸出額上回る

【ソウル16日聯合】関税庁が16日に発表した10月の輸出入動向確定値によると、年初から10月までの対日貿易赤字は289億8500万ドルで、同期間の対日輸出額(242億2600万ドル)を大幅に上回った。10月にも対日輸出は前年同月比4.6%増の24億7100万ドルにとどまり、同月の対日赤字26億5500万ドルを下回った。

 対日貿易赤字は2006年の254億ドルから昨年は299億ドルに増加、ことしも円高などが影響し、10月までの赤字が早くも昨年の年間赤字額に迫っている。この勢いだと、ことしの年間赤字規模は300億ドルを大きく上回る見通しだ。

 世界的な金融危機が実体経済に飛び火し、主要輸出市場である欧米への輸出増加率も顕著に鈍化している。10月の対米輸出は44億4900万ドルで、前年同月比5.3%増にとどまった。増加率は9月(19.6%)から大きく縮小している。対欧州連合(EU)輸出も53億5800万ドルと、前年同月比増加率は9月(26.7%)を大幅に下回る5.7%と集計された。

 特に、最大貿易相手国である中国への輸出は75億3600万ドルで、前年同月比2.6%減少している。一方、中国からの輸入額は8.4%増の64億3800万ドルにとどまった。輸入増加率は8月には37.3%、9月には47.2%に達していた。

 一方、10月の輸出額確定値は前年同月比8.5%増の373億7000万ドル、輸入額は10.4%増の361億5800万ドルだった。貿易収支は12億1200万ドルの黒字で、5カ月ぶりの黒字転換を果たした。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。