Go to Contents Go to Navigation

対ドル相場1500ウォン台突破、株価急落が影響

記事一覧 2009.02.20 16:08

対ドル相場1500ウォン台突破、株価急落が影響

【ソウル20日聯合ニュース】国内外の株価急落を受け、対ドル相場が1ドル=1500ウォン台を突破した。

 20日のソウル外国為替市場で、ウォンの対ドル相場は前日比25.00ウォン安の1ドル=1506.00ウォンで取引を終えた。9営業日連続のウォン安となり、昨年11月25日(1ドル=1502.30ウォン)以来3カ月ぶり安値を記録した。米株式市場でダウ工業株30種平均が6年4カ月ぶりの安値を付けたのに続き、総合株価指数が1060台に下落したことがウォンの下落を招いた。

 一方、対円相場も午後3時現在100円=1599.41ウォンと、1991年の告示為替相場集計以来の安値を記録した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。