Go to Contents Go to Navigation

[芸能]訪韓したつんく「韓国で本当の宝石を探したい」

記事一覧 2009.03.09 22:29

[芸能]訪韓したつんく「韓国で本当の宝石を探したい」

【ソウル9日聯合ニュース】日本の芸能プロダクションのアップフロントエージェンシーが、音楽チャンネルMnetと共同で「ハロー!プロジェクト」の韓国人メンバーを選出する。

 9日にソウルで開かれた韓国人メンバー選抜オーディションの開催発表会で、プロデューサーのつんくは、「韓国の音楽レベルは相当高いと思う。交流はあまりなかったが、韓国音楽市場が恐るべきスピードで発展し、日本を占領するという考えも浮かんだ」と述べた。韓国の芸能人が日本でたくさん活動しているが、これまで音楽交流が断絶されていたとし、韓国からは少女時代やワンダーガールズ、KARA(カラ)といった女性グループを迎え入れたいと明かした。

 1998年に始まったハロー!プロジェクトは、つんくが総合プロデュースするアップフロント所属の女性歌手・グループを指すブランド名。モーニング娘。や℃-ute、Berryz工房など、76人がハロー!プロジェクトを通じユニットで活動している。

 韓国人メンバーのオーディションのようすは、「対東京少女」というタイトルで4月末からMnetで放映される。オーディションでは、応募者の中から放送に出演する候補10人を選出、トレーニングを通じサバイバル方式で優勝者を選び、J-POP界でデビューさせる。

 つんくは韓国人メンバーの志願者条件を尋ねられ、「女性なら年齢を問わないが、若いメンバーらと一緒に活動するので30代は自信のある人だけ応募してほしい。歌が好きで上手い人、両親と離れて仕事ができる人ならいい」と説明した。また、「本当の宝石を探すために過酷なトレーニングを課すことになる。視角や文化の違いから韓国人プロデューサーが探し出せない点を僕たちが見つけることもできる」と意欲を見せた。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。