Go to Contents Go to Navigation

権哲賢駐日大使、韓日共同テレビ局構想を提示

記事一覧 2009.03.11 16:37

権哲賢駐日大使、韓日共同テレビ局構想を提示

【東京11日聯合ニュース】権哲賢(クォン・チョルヒョン)駐日大使は11日、韓日間の相互理解と信頼を増進させるため、両国共同放送局の設立を考えていると明らかにした。李明博(イ・ミョンバク)政権1周年を記念し、東京で開かれたシンポジウム「今後100年の日韓関係のために」で述べたもの。仏独が15年以上、共同テレビ局のアルテを運営していることを例に挙げ、「韓国と日本が共同局を設立し教養、文化番組を共同制作できれば、その過程で互いへの理解と信頼が一層強化される」と主張した。

 また、民主主義と経済発展に向かう道で先を進む韓国と日本の足跡は、アジアの他国には良い案内になるだろうと述べ、そうした韓日両国の位相を「A2(Asia2)」という言葉で象徴してはどうかと提案した。A2の役割例としてアフガニスタン再建支援、黄砂共同対応、ソマリア沖での海賊共同対応などを挙げ、さらには韓日に中国を加えたA3という次元まで概念を発展させる必要があると強調した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。