Go to Contents Go to Navigation

鄭東泳元長官、来月の再選・補欠選挙出馬を表明

記事一覧 2009.03.13 11:52

鄭東泳元長官、来月の再選・補欠選挙出馬を表明

【ソウル13日聯合ニュース】米国に滞在中の鄭東泳(チョン・ドンヨン)元統一部長官が、4月の国会議員再選・補欠選挙に全州市徳津区から出馬する意向を示した。ワシントン時間12日に現地特派員らと懇談会を行った席で明らかにした。政治を始めたころの初心に帰り故郷で新たに出発したいと述べた。

 鄭元長官は「わたしは政治家であり、政治家は政治の現場で国民とともにすべきだというのが、到達した結論だ。失敗から教訓を得て、国民に慰労と希望を届けるために、再び政治の現場に戻る」と強く述べた。自身の出馬に民主党内で反発があることに関しては「批判があるのは承知しているが甘受する。そこに含まれる愛情を受け止めたい」と述べた。

 首都圏ではなく出身地の全州市徳津区から出馬する背景については、故郷で偶然選挙が行われることになり、前回の総選挙大敗で脱力していたが、多くの人に出馬を勧められたためと説明した。民主党から公認を得られなかった場合について質問が上がると「わたしは党旗揚げの先頭に立った人間。鄭東泳が入り助けになるのならば、そうしたこと(公認落選)はないだろう」と自信を示した。

 米デューク大学で研修中の鄭元長官は、先ごろ聯合ニュースの電話取材に対し、周囲からのアドバイスで米国生活を終え帰国することを決心したと明らかにしていた。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。