Go to Contents Go to Navigation

盧前大統領が検察に出頭、事情聴取始まる

記事一覧 2009.04.30 13:51

盧前大統領が検察に出頭、事情聴取始まる

【ソウル30日聯合ニュース】盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領が30日午後、被疑者として大検察庁(最高検察庁に相当)中央捜査部から事情聴取を受けるため、ソウル・瑞草洞にある大検察庁に出頭した。

 元大統領が検察の聴取を受けるのは、1995年11月の盧泰愚(ノ・テウ)元大統領と、同年12月の全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領に次いで3人目となる。

 盧前大統領を乗せたバスは午後1時19分に大検察庁に到着した。盧前大統領は報道陣から、自宅出発前に「国民に面目ない」と述べた理由を聞かれ、「面目ないことでしょう」とだけ短く答えた。現在の心境や疑惑の100万ドルの具体的な使途などについても質問が続いたが、それには「今度にしましょう」と言い残し、建物の中へと進んだ。

 検察によると、盧前大統領は在任中の2007年6月、青瓦台(大統領府)で鄭相文(チョン・サンムン)元青瓦台総務秘書官を通じ朴淵次(パク・ヨンチャ)泰光実業会長から100万ドル、2008年2月に朴会長からの送金で盧前大統領の姪(めい)の夫、ヨン・チョルホ氏に500万ドル、計600万ドルの包括的わいろを受け取った疑いをもたれている。

 検察は盧前大統領に対し、朴会長に600万ドルを直接要求したのか、金品受け渡し事実をいつ知ったのかなどについて聴取を開始した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。