Go to Contents Go to Navigation

民主党、新院内代表に李康来議員を選出

記事一覧 2009.05.15 13:39

民主党、新院内代表に李康来議員を選出

【ソウル15日聯合ニュース】最大野党の民主党は15日、第18代国会の2期目の院内代表に李康来(イ・ガンレ)議員を選出した。

 この日実施された院内代表選挙の1次投票で李議員は首位だったが、得票数が在席議員の過半数を満たなかったため決選当投票が行われた。在席議員84人のうち欠席者を除く75人による投票で李議員は46票を獲得、28票にとどまった金富謙(キム・ブギョム)議員を破った。棄権が1票。

 任期1年の院内代表職についた李議員は、まずは6月の臨時国会で「メディア立法」をめぐり効果的な対処が求められる。また、先の国会議員再選挙で無所属出馬し当選を果たした鄭東泳(チョン・ドンヨン)議員の復党問題など内紛を収拾した後は、10月の再・補欠選挙と来年の地方選挙の勝利に向けた基盤を固めるという課題がある。李議員は政見発表で「鮮明で強力な対与党闘争を通じ野党としての存在感を際立たせ、低迷する党の支持率を年内に25%まで引き上げる」との目標を掲げた。

 李議員は全羅北道出身、国会議員3期。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。