Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮が短距離ミサイル3発発射、核実験に続き

記事一覧 2009.05.25 19:08

北朝鮮が短距離ミサイル3発発射、核実験に続き

【ソウル25日聯合ニュース】北朝鮮は核実験を強行した25日、咸鏡北道の花台郡舞水端里と江原道の元山近くから地対空短距離ミサイル合計3発を発射したことが確認された。

 ある情報筋が「北朝鮮が午後5時3分ごろ、元山の近くから短距離ミサイル2発を追加発射した。地対空ミサイルと分析される」と伝えた。

 北朝鮮は同日午後12時8分ごろにも、舞水端里から射程約130キロメートルの地対空短距離ミサイル1発を発射している。東海に向け追加発射された2発のミサイルも、先の1発と同じ距離を飛んだとされる。

 舞水端里と元山地域は、核実験が行われた吉州郡豊渓里の核実験場から遠くない。軍関係者は、核実験情報を探ろうとする日米の偵察機の飛行を警告・阻止する目的で短距離ミサイルが発射されたものと分析している。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。