Go to Contents Go to Navigation

「集会の保障を」民主党が徹夜でソウル広場占拠

記事一覧 2009.06.10 09:35

「集会の保障を」民主党が徹夜でソウル広場占拠

【ソウル10日聯合ニュース】「6・10汎国民大会」を翌日に控えた9日、野党・民主党議員らがソウル市庁前広場を徹夜で占拠した。丁世均(チョン・セギュン)代表をはじめとする同党議員約50人と市民約300人はテント4つを設置し、「ソウル広場死守大会」を開いて広場での汎国民大会開催を保障するよう警察に訴えた。

 丁代表は「大雨が降っているが、まるで国を心配する国民の涙のようだ。政府はこうした民心をきちんと受け入れねばならない」と述べた。宋永吉(ソン・ヨンギル)議員も、「6・10民主抗争を記念する行事に広場の使用を許可しないのは民心を理解していない措置」だと批判した。警察は900人余りを周辺に配置し万一の事態に備えたが、テントを設置する際に言い争いが起こったほかは特に衝突もなかった。

 民主党議員らは10日午前に同地で議員総会を開く予定だ。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。