Go to Contents Go to Navigation

<インタビュー>2年ぶりお茶の間に復帰するユン・ウネ

記事一覧 2009.07.21 20:23

<インタビュー>2年ぶりお茶の間に復帰するユン・ウネ

【ソウル21日聯合ニュース】007年MBCドラマ「コーヒープリンス1号店」で爆発的な人気を獲得したユン・ウネが、2年ぶりにお茶の間に帰ってくる。来月19日スタートのKBSドラマ「お嬢さんをお願い」に出演する。ユン・ウネ演じる財閥家の娘、カン・ヘナの恋と成長を、金しか知らない執事(ユン・サンヒョン)と弁護士(チョン・イル)の三角関係をからめて描くストーリーだ。

 初撮影を控え20日に会ったユン・ウネは、サイドの髪を顔のラインまで短くカットし、後ろ髪は長いまま結ぶという独特なヘアスタイルで現れた。ドラマでさまざまな姿を披露したいと、このスタイルを髪型を考え出したのだと笑った。

 「宮~ラブ・イン・パレス」でスターダムにのし上がり、「コーヒープリンス~」で女優としての可能性を見せたユン・ウネは、この2年間で大人っぽさを感じさせるようになった。満25歳となり、制作者が最も起用したい女優に浮上している。

 以下は一問一答。

――これまでどう過ごしていたか。

「2年がどう過ぎたか分かりません。広告、グラビア撮影など仕事が続き、1週間も休めないまま時が過ぎました。そのせいか、何カ月も経っていない気がします」。

――次回作の選択がずいぶん慎重だったようだ。

「最初の1年は、ただ良い作品に出演したいと思っていましたが、その後、『自分にぴったり合った服が着たい』と考えるようになりました。それでこそ、失敗しても耐えられる気がするので。今回のドラマは、8カ月前に決めました。ぴったりではなかったけれど、少しだけ直せばぴったりになる、着てみたいなと思いました」。

――「宮~」「コーヒープリンス~」の成功で、ヒット確実女優に浮上した。

「視聴率10%で成功とみてもらえるのだから、ありがたい気持ちでいっぱいです(笑)。出演ドラマの視聴率が30~40%を記録したことはありませんが、それでも毎回話題になり、終了後にも記憶に残る作品に出られたおかげだと思います。運がよかったんです。自分がやりたいこと、うまくやれることをやってきたら、それが大衆の好みと一致したようです。今回も、視聴率よりどんな反応を得られるかが重要だと思います」。

――「宮~」「コーヒープリンス~」は2つの転換点となった。

「『宮~』で演技を始めたも同然なので、大きな転換点になったことは確かですが、『コーヒープリンス~』は転換点というより、演技が何かを教えてくれた作品でした。それまでは余裕もなかったけれど、この作品で、至らないながら、演技が楽しいと感じられるようになりました」。

――「お嬢さんをお願い」での役どころは。

「子どもっぽくてわがまま、遊び好きの財閥家の後取り娘、何不自由なく育ち、歯止めの利かない、パリス・ヒルトンのような女性です。ユン・ウネのカラーが出るのでは。わたしが女性になり、女優としても少しは成長し、演じることを楽しんでいることを伝えることができたら、視聴率と関係なく成功だと思います。財閥のお嬢さんなので、これまでで最も華麗な姿を披露できそうです(笑)」。

――自信にあふれているようだ。

「気が小さくで心配性、傷付きやすいし、自信感は全くありません。芸能活動のなかで周りの反応や視線を受け、気が小さくなっているところもあると思います。そのせいか、心配する電話がかかることも多くて、そのたびに『わたしの未来は幸せ』と笑って答えるんです。芸能生活はつらい時と幸せな時が天と地の差、その中間は存在しません」。

――芸能界にデビューして10年、これまでを振り返ると。

「美術の道を夢見ていたところ、15歳でスカウトされてモデルの仕事をしているうちに、(女性アイドルグループ)BABY VOXのメンバーになりました。最初の5年は記憶もありません。準備なくデビューしたため苦労したので、何でも準備が必要だということを感じました。演技も何も分からないまま始めましたが、今は責任を感じながらやっていく時期。多くを学び、多くのトレーニングを積んでいます。仕事で傷付くこともありますが、少しずつ強くなっていると思います」。

――欲は多いほうか。

「自分のもの以外に欲を出すことはありません。そういうところを良いと見てもらっているようです。今は演技が自分の人生に入ってきて、楽しんでいる段階、とにかく良い演技者になりたいです。大きな夢はなく、ただ、わたしと家族が幸せに暮らせることを夢見ています」。

――25歳の女性として、休みの日は何を。

「絵を描いたり、料理をしたり、洋服を作ったり、女らしいと驚く方も多いんです(笑)。普段は友だちに会える時間がないので、一緒に食事をしながら会話を楽しむのが好きです。展示会を開いてはと言われることも多いですが、まだ余裕がなくて。チャンスがあれば、絵画勉強がしたいです」。

――恋愛については。

「恋したいです、思い切りデートもしたい。今は代わりに演技で満足しているのかも。恋愛より、自分の人生を生きることが楽しいです」。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。